川口市議会議員

 福田 ようこ


携帯電話でも
ご覧頂けます
 
 
 

ごあいさつ

〜 女性の視点で動きます! 福祉の福田 〜

『住んでよかった!』と言っていただける<かわぐち>をつくるため
全力で働いて参る決意です。
私が育った大好きな川口を、高齢者にやさしい、そして将来を担う
子どもの為により良い環境の街にして参ります。
皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

福田ようこ トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

    プロフィール

1960年4月1日生まれ
川口市立新郷小学校卒業 / 川口市立東中学校卒業 / 川口市立川口高等学校卒業
1978年 富士銀行(現みずほ銀行) 入行
私立富士美幼稚園 PTA副会長歴任
資格 : 防災士、川口市防災リーダー、愛玩動物飼養管理士、認知症サポーター
趣味 : 音楽(ピアノ、ギター、歌)
家族 : 夫、愛犬(柴犬こてつ)、長男・長女は独立
建設消防常任委員会副委員長

    政 策

福田ようこが 「 やりました!  福田ようこが 「 やります!
子供医療費の無料化を中学三年生まで拡充
市民の生活を守る政策を実現します !!
幼児教育(就学前3〜5歳)の無償化
保育所待機児童の完全解消
小中学校通学路に防犯カメラの設置
小中学校トイレの老朽化とニオイの解消
医療・介護の連携で地域支え合い事業を展開
高齢者の健康生きがい対策の拡充
障がい児・者への支援の拡充
小中学校の読書環境の推進と拡充
がん教育・がん対策のさらなる推進
認知症カフェの設置拡充
高齢者緊急通報システム対象要件の緩和
女性向け防災ハンドブックの作成、配布
小中学校体育館に空調機設置
市立美術館の設置
みんななかまバス65歳以上の料金無料化
小中学校の普通教室にエアコン設置
市営火葬場の設置
川口奨学金制度の第三者保証人の撤廃と
  入学一時金を推薦入学にも利用可能に改正
公園砂場に衛生対策に猫除けフェンスの設置
新設の公園に高齢者向け健康遊具の設置
高齢者向け救急時の医療情報安心キット配布
高齢者向け入居保証支援制度を賃貸住宅の
  更新時にも利用可能に改正
高齢者向け介護予防教室の拡充
みんななかまバスを7ルートに拡充
災害情報・防犯情報メールの配信開始
防災行政無線テレホンサービス開始
川口市防災会議に女性の登用
ヘルプカードの導入
川口市ドッグランの開設
ペット同行避難訓練の導入
赤ちゃんにっこり応援事業の拡充
道路照明灯のLED化(リースによって経費削減)
高齢者<あんしんカード>の導入
市内6カ所の図書館に図書消毒機の設置
女性防災リーダー養成講座の開催
子ども発達相談支援センター開設の決定
小児夜間救急センター開設の決定

 

    最近の活動報告                活動報告バックナンバーはこちら

2020年8月1日

月議会一般質問  No,2
6月定例議会におきまして、一般質問に登壇させていただきました。
その質問内容と答弁の抜粋を2回に分けて掲載いたします。
<質問内容と答弁>
4.子育て支援について
   (1)ひとり親家庭への支援について
   (2)生活困窮世帯等の子どもの生活学習支援事業の充実について
   (3)子ども発達相談センターについて

答弁 :

これまで新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、電話による相談を中心に対応してきた。
緊急事態宣言解除後は、感染防止対策を講じるとともに、面接相談を再開し、その後の支援につなげている。
集団で行う親子教室をはじめとした支援事業は、個別に対応している一方で、新たな対応方法を検討している。
   (4)川口市こども夜間救急診療所について

答弁 :

川口医師会ならびに近隣大学病院の医師、また川口薬剤師会などのご協力のもと、4月よりスタートし、利用状況は5月末現在電話による問い合わせは415件、うち実際に受診したお子さまの数は243件、受診が必要とならなかったお子さまの数は176件となっている。
問い合わせの中には受診しなくとも自宅にて経過観察し、翌日あらためてかかりつけの医師に相談してよい状況のものが多くあり、電話での相談が保護者のかたの不安解消につながったものと考えている。
夜間の急な発熱などへの一次救急対応として、また新たな子育て関連施設としての役割を引き続き進めていく。
5.福祉について
   (1)CSW(コミュニティソーシャルワーカー)について

答弁 :

8050問題や若年性認知症など、複合的・分野横断的な課題や制度の狭間にある課題を解決するには、相談者の状況に応じた個別の支援が必要であり、コミュニティソーシャルワーカーが担う役割は非常に重要であると考えている。
川口市社会福祉協議会では、本年4月より、モデル地区にコミュニティソーシャルワーカーを配置し、相談者への個別支援と、個別の課題を地域で支えるための地域支援に努めている。
市としてもコミュニティソーシャルワーカーを市内全域に配置できるよう、引き続き必要な対応を行っていく。
   (2)視覚障害者に必要な手すりの設置への補助について

答弁 :

希望者からの要望の状況や必要性を踏まえつつ、今後検討していく。


ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2011 Fukuda Yoko. All Rights Reserved.