福田ようこ トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

活動報告バックナンバー

2019年2月1日
12月議会一般質問
12月定例議会におきまして、一般質問に登壇させて
いただきました。
その質問内容の項目を以下に掲載いたします。
<質問内容>
 1.災害に強いまちづくりについて
  (1)災害に強い水道施設について
 ア 水道管の耐震化への取り組みについて
 イ 浄配水場の耐震化率と今後の取り組みについて
(2)災害に強い病院のあり方について
 ア 川口市立医療センターの大規模災害を想定した訓練について
 イ 川口市立医療センターの事業継続計画(BCP)の策定について
(3)災害時の安心安全につながる支援策について
 ア 避難所の環境を国際基準である「スフィア基準」に近づけることについて
 イ 水害時の公民館の役割について
 ウ 福祉避難所について
 エ 倒れた電柱の対処について
 オ 市内の公立幼稚園、小中学校校舎・体育館の窓ガラス飛散防止対策について
 カ 市内保育施設の窓ガラス飛散防止対策について
 キ マンホールトイレの設置場所の周知について
 ク 避難所運営体験型訓練「HUG」の取り組みについて
  (ア) 防災リーダーへの研修実施について
  (イ) 貸し出しの拡充について
(4) 避難所となる施設への更なる配備について
 ア 防災用女性専用集合トイレ「みんなでトイレ」について
 イ カセットボンベ式小型発電機について
(5) 防災意識を高めるための施策について
 ア 女性防災リーダーの更なる養成について
 イ 赤ちゃん防災講座の開催について
 ウ 防災運動会の実施導入について
(6) 小中学校体育館への空調機設置について
 2.風しん予防対策について
  (1)無料で受けられる抗体検査の対象者拡大について
(2)予防接種費用の助成について
 3.小児夜間等救急診療事業について
  (1)設置に至った経緯について
(2)診療体制などセンター化の概要について
(3)開設までの工事スケジュールについて
 4.移動式赤ちゃんの駅の貸し出し事業の実施について
 5.学習支援について
  (1)子どもの生活・学習支援事業の拡充について
(2)発達障がいのある児童生徒への学習支援にICTを活用することについて 
 6.障がい児・障がい者にやさしいまちづくりについて
  (1)(仮称)子ども発達相談支援センターの設置について
(2)重症心身障がい児への支援について
(3)障がい者が働くことへの支援について
(4)障がい者の親亡き後の支援について
(5)短期入所施設について
(6)医療的ケア児への支援について
(7)障がい者による文化芸術活動について
 7.さらに魅力あるグリーンセンターとなるための改修計画について
2019年1月3日
市長の所信と報告
9月定例市議会に行われました市長からの「所信と報告」の抜粋を掲載いたします。
アメリカ合衆国オハイオ州フィンドレー市との教育分野に関する
友好都市の提携について
私自らフィンドレー市に赴き、8月16日にリディア・ミハーリック市長と両市の教育分野に関する友好都市提携に関する協定を締結いたしました。
具体的には、川口市立高等学校において、平成31年度からフィンドレー高校への長期留学を開始するほか、フィンドレー市教職員の研修の受け入れなどを実施する予定であります。
「“元気”川口商品券」について
今回の商品券事業は、前回と同様、プレミアム率を専用券20%、共通券10%で、発行総額は11億5千万円とし、購入については、希望者の利便性を高めるため、インターネットによる申し込みも可能となるよう進めているところであります。
中小企業都市サミットについて
今年の中小企業都市サミットは、10月25日、26日の2日に渡り、川口総合文化センター・リリア及びSKIPシティを会場に開催されます。
今回のサミットでは、全国の中小企業の共通した課題であり、早急に対策が求められている人材の確保や育成、事業承継を中心議題とし、取り組むべき方向性を議論し、共同宣言として取りまとめるとともに、国に対して提言を行なって参ります。
「第3回川口宿鳩ヶ谷宿日光御成道まつり」について
川口市内を縦断する本市の歴史的財産である日光御成道は 、江戸時代、歴代徳川将軍による日光東照宮への社参のための専用道として整備されたものであります。
その時代の社参行列を現代に再現させるべく、4年ぶりとなる「第3回川口宿鳩ヶ谷宿日光御成道まつり」を11月11日に開催いたします。
総勢約1,500人が出演する華麗で勇壮な時代絵巻として繰り広げられます。
今回は、まつりのオリジナルソングにあわせて約150人が踊り歩く「元気川口・御成道サンバ行列」を初めて先頭に配し、まつりを盛り上げます。
私は、このまつりが市民の皆さんのより一層の郷土への愛着を育むとともに、市内経済の活性化のため、市内外から多くの方にご来場いただき楽しんでいただけるよう、しっかりと取り組んで参る所存であります。

ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2011 Fukuda Yoko. All Rights Reserved.